神式葬の紹介と基本的なマナー

日本で執り行われるお葬式の大半は仏式葬ですが、たまに神道形式のお葬式が執り行われる場合もあります。
神道は日本古来の宗教で、仏教よりも古い歴史があります。神式葬が行われるようになったのは明治時代以降で、それまでの仏式葬に慣れた日本人でも受け入れやすくするために仏式の通夜・葬儀に相当する通夜祭・葬場祭が行われます。
仏式葬は故人との別れを悲しむための儀式です。これに対して神道では故人は霊璽と呼ばれるものに遷り、家の守護神になると信じられています。神式葬は故人が神様になるための、おめでたい儀式なのです。
神道では香を焚く習慣がありません。そのため、神式の葬儀では焼香ではなく玉串奉奠が行われます。葬儀の際に包むお金は香典料ではなくて、玉串料と呼ばれます。神式葬に参列する際は、事前に玉串奉奠の作法を覚えておくようにしましょう。
神式であれば、お葬式の場で遺族に対して「冥福」「供養」「成仏」「別れ」「お悔やみ」などの言葉を口にすべきではありません。代わりに「御霊(みたま)の平安を祈ります」などと声をかける事ができます。
神道のお葬式は仏教と似ていますが、教理や作法の違いを知っておく必要があります。