葬式を自分でプロデュースする

葬式と言うと自分にはまだ関係ないと思う人もいますが、いつ自分が亡くなるかわかりません。自分の人生の最後を後悔しないためにも、自分で自由に内容や流れを決めることができる生前予約をする人が増えているのです。自分の最後の葬式は、見ることはできませんがどんな風に執り行われるのかというのを確認することはできます。ゆっくりと死と向き合って年を重ねていくことができます。生前予約をすることで、いろんな不安が少しでも解消でき家族に負担にならないで済むのです。葬式に参列した友人や親戚など、最後に感謝の気持ちとお別れができる葬式を自分自身でプロデュースできるという喜びを感じながら生前予約をしてみると良いのかもしれません。葬式で使う写真は、最高の写真が一番でしょう。一年に一回は写真を撮り直しておくと、実際とそれほど変わりのない写真になります。どんな人生を歩んできたのか、人生の最後をどう生きていくのか考える良い機会にもなるでしょう。