葬式は他人事ではない

友人の葬式が増えてくると、自分もいつかはという気持ちになることでしょう。葬式は、他人事ではなく自分もいつかは通る出来事です。曖昧にしておくと、いざ自分という時になったら家族が困り負担もかかってしまいます。金銭的な負担も大変ですが、葬式の流れや棺から写真まで決めることは多くあり全て家族がしなければなりません。亡くなったことに悲しんでいる暇もないような忙しさなのです。葬式が終われば、お墓の問題も出てきます。自分が亡くなる前に、お墓や葬式の準備を少しでも進めておくことで家族はどれほど救われることでしょう。死を考えることに抵抗を感じることもありますが、死と向き合い残された家族のことも真剣に考える良い機会になります。この先の人生をどう生きるのか、考え方を変えることで楽しみながら生活を送ることができるのです。いつか必ずきてしまう死に対しても、恐怖よりも楽しみと言えるような自分になっているのかもしれません。