神式葬儀の流れとマナー

葬儀にも、その宗派によっていくつか種類があります。ここでは、その内の一つである神式葬儀の流れと基本的なマナーについて、紹介します。まず神式では、「通夜祭」と呼ばれる式が行われますが、これは仏式で言うところの通夜にあたります。また、神道においては死を穢れとするため、通夜祭は自宅もしくは斎場にて行います。参列者は式の前に、手水で手を洗って口をすすぎ、身を清める必要があります。その後、斎主による祭詞奏上、仏式で言うところの焼香にあたる玉串奉奠を行い、遷霊祭を行います。遷霊祭は故人の霊を霊璽に移すための儀式で、仏式の位牌にあたります。そして終了後は通夜ぶるまいと同義である直会が設けられます。次に、仏式の葬儀にあたる葬場祭が行われますが、これも身を清めるための手水の儀を行い、お祓いを受けた上で祭詞奏上、玉串奉奠を行います。そして終了後に出棺祭が行われて故人を見送ります。尚、神式では仏式のように数珠を使用することはありません。お悔やみを伝える際も、仏教用語を使用しないように注意しましょう。