神道の特徴的なところ

神道の特徴的なところは神様がいっぱいいるところです。これは日本人にとってはあたりまえのことなのですが、海外の人から見るととても不思議なことです。海外の宗教の多くは唯一絶対の神がいて、その神の教えに従うというものですが、神道においてはそのような唯一神というのはいません。万物全てに神が存在するというある意味では何でもありのところが特徴です。そのため、日本の逸話にはさまざまな神が登場することになります。そして、どんな神でも受け入れてしまうことが出来るという日本人の特徴が出来たのです。仏教を信じながらキリスト教も出来るというようなことは、他の国では考えもしないことですが、日本では別に珍しいことではありません。自然にいろいろな物のいいとこだけをとってくるということが出来てしまうのです。
この何でもありの精神が根底にあることで、クリスマスも簡単に自分たちの習慣に取り入れることが出来ました。今の日本はこの神道が根底にあることで出来ているのです。