葬儀の際の香典の書き方について

葬儀の際には香典にも書き方や出し方などのマナーが存在します。
葬儀の時の仏式の香典の表書きは、黒白の水引を使い、上段中央に、「御霊前」と書くのが一般的ですが、浄土真宗の場合には「御仏前」と書きます。
忌明け後の法要になったら黄と白の水引に「お仏前」と書き、神式の場合は、銀色の水引で「御玉串料」もしくは「御神前」などと書きます。キリスト教の場合は「献花料」や「御花料」と書き、水引は必要ありません。
二人で一緒に香典を包む場合は、横に並べそれぞれの名前を書き、グループの際には、グループを示す名称だけを書きます。
お香典を御霊前に供える際には、表書きが自分から読める方向で、受付で係りの人に渡す場合は、係りの人が読める方向にして渡します。郵送にする場合には、現金を香典袋に入れて現金書留の封筒に入れて、出席できない理由と故人への手紙を添えるとなお良いです。
お香典の金額については、故人にお世話になった度合で違うため、一応目安はあるものの、その通りにやらなければいけないというわけではありません。