家族葬は大切な人との別れに集中できます

家族葬とは、亡くなった方の家族や身近な友人との別れを最優先に考え、儀礼的な弔問等をなくした家族中心で行うスタイルの葬儀のことを差します。大勢の人間を呼ばない分、亡くなった方との別れだけに集中できるのが特徴です。
また、家族葬は比較的小さな会場で行われるため、色々な都合により葬儀にかかる費用を出来るだけ抑えたいという方にもお勧めの方法となっています。
一般の葬儀の小型版として捉えることが最も近く、多くのケースでは通夜や葬儀・告別式・火葬といった一連の流れは行います。家族葬という名前から家族だけで行う葬儀と思いがちですが、家族以外にも亡くなった方とごく親しかった人に来てもらうという形式もあり、その部分は葬儀を依頼する側が判断したり亡くなった方の遺言に沿って決めることが出来ます。
日本には家族葬を行える様々なセレモニー会場があり、そのほとんどでキリスト教や神式などの宗教も問わず行うことが可能となっています。