神道と仏式では葬儀の意味が違います

日本の葬儀の9割は仏式で、その他には神道やキリスト教などがあります。神道の葬儀に参列することになった場合に恥をかくことが無いためにも、基本知識や葬儀の流れ、列席マナーなどを知っておくといいでしょう。
神道の参列のときは、数珠は不要となりますし、持参する香典袋の書き方も違います。マナーもいろいろ違いますが、死後の在り方についての考え方もです。
仏式では、故人を仏に帰依するために極楽浄土に送り出す葬儀となりますが、神道は故人の御霊をその家にとどめて子孫を見守る守護神になってもらうための葬儀です。
仏式での焼香やキリスト教での献花に代わる、神道の故人への手向けとして行われるものは、玉串奉奠です。
神職に一礼して玉串を受け取り、作法に沿って祭壇に向かって手向けます。
遺族にお悔やみを述べる際は、仏式の用語は禁止となっていますので、注意が必要です。

仏教での葬式の場合、故人を極楽浄土に送るために行われ、故人は仏様のそばで安らかに暮らすといわれています。しかし神式の葬儀の場合には、故人を極楽浄土へ送るのではなく、家にとどめてその家の守護神にするための儀式と言われています。また神道では死は穢れとされているので、神社のような神の聖域に穢れをもちこむことは良くないとされています。そのため葬儀は自宅化斎場で行うことになります。訃報を聞いた後神棚や祖霊舎に、故人の死を報告し扉を閉め白い紙を貼ります。通夜債は神職が祝詞を上げ、参列者は玉串を奉って拝礼します。続いて神職によって故人の御霊を霊璽に移します。翌日の斎場祭は仏教における葬儀・告別式と同じになります。火葬場では火葬の際に祭詞を奏上し、参列者は玉ぐしを奉って拝礼をします。火葬が終わると、遺骨を墓に埋葬します。埋葬が終わると自宅へ戻り、塩や手水で清め神葬祭が終わったことを霊前に報告します。

<PR>内職 アルバイト / GetMoney / 貯蓄 / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / 女性の人生 / オーディオ / 初値予想 / 童話 / 心の童話 / JALカード / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 /